自動車保険の選び方 > 自動車保険3



自動車保険の見直しポイント


自動車保険を見直す場合、どのような点に注意すればよいのでしょうか?
今は、それぞれの保険会社が、消費者のニーズに応えるために、様々な商品を用意しています。
補償内容や特約など、今の保険ではカバーできていないものや、無駄なものを比較しながらよく見極めていくことが大切です。

また、年齢条件や運転者限定の特約をつけることで、保険料が割引になる割引制度もあります。
ゴールド免許所持者の場合も、事故のリスクが少ないドライバーということで、保険料は安くなります。

保険加入や更新の際、ゴールド免許所持者は、その事実を必ず伝えましょう。

自動車保険の見直しには、自分が加入している保険をよく知り、不足している補償内容や、余分なものを認識することが大切です。

また、保険料が割引される条件が漏れていないかどうかも、自動車保険の申し込みをする前に、今一度見直しておきましょう。

自動車保険の選び方


自動車保険が自由化されてからは、様々な商品が出回り、保険会社によって、補償内容に特色をもたせているため、保険料にも差が生じています。

自動車保険を選ぶポイントとしては、まず、今の補償内容が充分なものであるかどうかを見直し、分からない点などは保険会社へ問い合わせて、必要な補償条件がきちんと付帯されているかどうかを確かめてみましょう。
現在の保険に足りないものや不必要なものがはっきりしてくると、保険を選ぶ際に、満足のいく選択ができます。

そして、それぞれの保険会社を比較検討しながら、保険料と補償内容を見合わせ、納得できる保険を選んでいきましょう。
ネット上には自動車保険の無料一括見積もりサービスがあるため、たくさんの保険会社を簡単に比較することができます。

特約やロードサービスなども見逃せないポイントです。

自動車保険等級プロテクトとは?


自動車保険には、ドライバーの運転危険度を示す等級があり、新規契約では6等級から開始されます。
無事故を続ければ、年々等級が一つずつアップしていき、保険料も等級に合わせて割引されていきますが、一度事故を起こしてしまうと、いきなり3等級ダウンという事態になってしまいます。

できれば等級ダウンを避けたいという人のために生まれた商品が、等級プロテクトという特約です。
等級プロテクトは、1回目の事故に関しては等級すえおき事故として扱い、保険料はそのまま。
事故をしないように心がけることが一番ですが、もしもの時に等級ダウンによる保険料の増加を考えると、等級プロテクトをつけていれば、一度の事故ならすえおきとなるため安心です。

但し、この特約は取り扱っていない保険会社もあるので、保険会社を変える場合には充分注意しましょう。

自動車保険の等級引継ぎ


自動車保険の等級制度は、事故を起こすリスクの少ない人に対して、保険料を割引、リスクの高い人に対しては、保険料を割増するという合理的なものです。
そして、ドライバーの等級は、運転危険度を示す目安となるため、別の保険会社と契約する場合も、その等級は引き継がれることになります。

但し、契約更新あるいは、保険会社を変更して新しく契約する場合、満期日から1週間以内にその契約が開始できなければ、新規契約となり、等級も6等級になります。
等級がアップしていた人にとっては、今までの無事故が保険料に反映されないことになってしまうため、手続きは早めに済ませて、等級ダウンしないように気をつけましょう。

逆に事故を起こしている場合は、6等級に戻るわけではなく、13ヶ月間は、ダウンした等級の履歴がそのまま残ることになります。

自動車保険の等級制度について


自動車保険では、優良ドライバーの場合、保険料が割引になるという等級制度があります。
新規の契約では6等級から始まりますが、既に11等級以上の契約があり、新たに車を所有する場合の新規契約の場合は、7等級からスタートすることができます。

等級制度では、契約後1年間無事故であれば、1等級アップし、無事故の年数によって最大60%が保険料より割り引かれます。
逆に、事故を起こした場合は、1つの事故につき3等級ダウンして、翌年より保険料がアップします。

一気にダウンした等級を元の等級に戻すには無事故期間が3年間必要となります。
そのため、事故を起こした時は、3年間の保険料負担増加額と、事故の時に適用される保険金額とを比べ、事故後の修理等を自己負担するか、保険で済ませるのか、負担の少ない方を選択しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。