自動車保険の種類 パート2


自動車保険の種類は他にもあります。

リスク細分型保険は、ドライバーの年齢・性別・運転歴・使用目的・使用状況・車種・安全装備・所有台数・居住地の9つの要因でリスクを検討し、保険料に差をつける保険です。
リスクが低いと判断されれば、保険料は安くなり、逆にハイリスクと判断された場合は、従来の自動車保険よりも割高になります。

SAP(自家用自動車総合保険)は、対人賠償、自損事故、無保険車傷害、対物賠償、搭乗者傷害、車両を基本契約の中に含む、自家用車で起こりうる事故に対応する保険です。
対人・対物ともに示談交渉があります。

PAP(自動車総合保険)は、SAPより車両保険を除いたもので、示談交渉は対人のみに限られています。

BAP(一般自動車保険)はSAPに含まれる保険の中から自由に選択することができる自動車保険です。
但し、基本契約として、対人賠償、対物賠償、車両保険のどれか一つに加入が必要となります。

示談交渉サービスはありません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。