年齢で選ぶ自動車保険


自動車保険では、事故を起こしやすい若年層の保険料は高く、年齢が上がるほどに安くなるという、年齢条件による保険料の差を設けています。

保険料が高い順にいうと、年齢問わず担保(全ての年齢が対象)、21歳未満不担保(21歳以上が対象)・26歳未満不担保(26歳以上が対象)・30歳未満不担保(30歳以上が対象)があります。
年齢を問わず担保と30歳未満不担保では、保険料が2倍以上違う場合もあるようです。

年齢条件の変更を忘れてしまうと、いつまでも高い保険料のままになってしまうので、節目節目で必ず見直しをして、年齢条件に合う保険に変更しておきましょう。

但し、年齢条件に当てはまらない家族が運転した場合、事故にあっても保険は利きません。
家族で乗用する場合は、年齢問わず担保で自動車保険の申し込みをする方が無難です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。