割引で選ぶ自動車保険


自動車保険には、条件を満たすことによる割引制度が2種類あります。
安全装置による割引と、契約形態による割引です。

安全装置に関しては、ABS搭載、エアバッグ装備(運転席)、デュエルエアバッグ装備(運転席・助手席)、衝突安全ボディ車、低公害・低燃費・低排出の環境対策車、横滑り防止装置の装備、盗難防止装置の装備でそれぞれ割引になります。

契約形態による割引としては、ゴールドカード割引、運転者年齢限定割引、運転者家族限定割引、運転者特定割引、16等級以上で過去1年間無事故の長期優良契約割引、同じ会社で2台以上契約のある複数契約割引、1台目の契約が11等級以上で、新たに2台目の契約をする場合、7等級から始められる複数所有新規割引などです。

割引の有無や割引率は、各保険会社によって違うため、保険料の無駄がないように、自動車保険の見積もりの際は、割引制度にも注意してみましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。