自動車保険の基礎知識



自動車保険には、強制加入の自賠責保険と任意で申し込みをする任意保険の二種類があります。

自賠責保険の対象となるのは、事故による被害者への対人賠償のみです。
そのため、自賠責保険ではカバーできない部分の補償を、任意保険の加入により補っていけば、事故時の負担を軽減することができます。

車や建物などの破損に対する対物補償や、事故を起こした加害者への傷害補償など、任意保険に入っていなければ、全てのリスクを個人で負わなければなりません。

自賠責保険で補償される対人賠償に関しても、損害賠償が自賠責保険の限度額を超えてしまうと、金銭的なリスクに対応できないことにもなりかねません。

事故を起こす側にとっても起こされる側にとっても、多大なリスクを軽減してくれるものが自動車保険の任意保険です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。